FC2ブログ

はんぶんのしっぽ

保護犬を迎えました。 想像以上に大変な毎日を過ごしています。 いつかこの日々が笑い話になる時のために そしてこの大事な日々を忘れないよう 書き留めていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いい子ちゃん

1か月前くらいからかしら。
そう。ちょうど山梨に遊びに行った後くらいからかな。
突如ふるむがいい子になってしまった

いやいや。もちろんすごくいいことなんだけど未だに信じがたく、
またいつ戻ってしまうかとちょっと身構えてる自分がいる

で、なにがいい子かというと、突然お留守番が出来るようになったのです。

今までって、毎朝出勤前に出かける気配がすると確実にグルグルしてしまって
出かけるのもすんなり出られなかった。
または出掛けにグルグルしなかったとしても
鍵をカチャンと掛けるとその音でグルグルが始まったり。

ともかく毎朝後味の悪い状態で出かける羽目になる。
口輪を着けて出ようかどうか迷ったりするからね。
意を決して着けないで出ると今度は、
また血まみれになるのではないかと思い
ドキドキしながら仕事に向かう毎日だった。

それが、ある日突然変わったのです。

夏は2階が暑いから比較的涼しい1階でお留守番です。

その衝撃的な日は
私が出かける直前になってもリラックスしてひっくりかえったまま寝ていた。
玄関からは見えない寝室で寝てました。

これはいけるかも。
と思って声もかけずそっと外に出た。
ドキドキしながら鍵をカチャン。

お?回ってない。
そのまま足音をさせないようにそうっと歩きながら家を離れた。

いつもなら家を離れてもワンワン吠える声が聞こえてくるはずなんだけど
その日は全然聞こえなかった。

やだ。あっけない。

そう思いながらもドキドキしながら仕事へ向かった。
そして午後になりサンペイちゃんからメール。

尻尾、やってないよ。
と。

ほっとした。
でも何か物足りないというか狐につままれたような感覚。

その日をきっかけにふるむは朝、グルグルすることはなくなった。

そして今度は朝以外のお留守番を試みた。
私とサンペイちゃんが一緒に出掛けるバージョンです。

出かける直前に1階に降ろすと
一緒に出掛ける気満々で玄関に降り、ハアハアしながら
早く開けろとばかりにドアにピッタリひっついてしまった。

さすがにこれは無理かなー?と思いつつもドアの前から離し
お留守番だよ。
と言って聞かせてみた。

そしてドアをカチャン。

・・・。
回ってない!

そーっとその場を離れても声が聞こえない。

あれ。ホントにお留守番が出来るようになったのかしら?
そう思いながらもドキドキしながら帰宅すると。。。
やっぱり尻尾は無事!

信じられなかった。
その後も二人で出かけるのを試してみたけどいずれも大成功。

とうとうお留守番が出来るようになったのかしら!
と思いつつも、もしかして暑さで参ってるから今はお留守番が出来ているのかも。
と疑っている毎日。
秋になっても状況が変わらなかったら本物だと思おう。

そして驚くことがもう一つある。

でもそれを書くと長くなるので続く。。。

002 (360x640)
わたしの話かしら~。
スポンサーサイト
[ 2013/08/04 03:54 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。