FC2ブログ

はんぶんのしっぽ

保護犬を迎えました。 想像以上に大変な毎日を過ごしています。 いつかこの日々が笑い話になる時のために そしてこの大事な日々を忘れないよう 書き留めていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

介護 その2

それは突然でした。

3連休初日の土曜日。
いつも通りふるむと朝の散歩に行きいつも通り朝ご飯を食べさせた。

土曜日の昼は私はダンスに通っているためふるむを残し3時間ほど外出。
ダンスから帰宅するとちょうど仕事終わりのサンペイちゃんと一緒になった。

2人そろって、ふるむー、ただいまー。
と呼ぶとふるむがのそっと現れたのだけど、何だか歩き方がおかしい。

あ。
足、引きずってない?

こういうことってたまーにあったけど、
大体が足がしびれたのか寝起きによくなることがあって、
しばらくするとたいがい治っていることがほとんど。

この時もそうだと思ってそう気にも留めていなかった。

でも、夕方までなんとなく違和感のある歩き方をしていたので
サンペイちゃんが夕方の散歩に行くときに
様子見てね。
とお願いして散歩に行ってもらった。

帰宅すると
なんかたまにビッコ引くけど走ったらちゃんと走れたよー。
と言っていた。

夕飯の時もいつも通りぴょんぴょん跳ねながらおねだりしてくるから
大丈夫かなーと思ってその時は安心していた。

ところがその後。
食後しばらく寝ていたふるむが起きて動いたとき
さっきよりひどくビッコを引いていた。

えー?
やっぱり痛いのかな?

明日の朝まだひどかったら病院いってみよう。
そうサンペイちゃんと言っていた。

そして翌日。日曜の朝。

ふるむの右前足は完全にぷらーんとなっていた。
もう地面にも付けられない位に痛いみたいだった。

一応散歩も行ってみたけどちょっと歩いたところでもう帰りたがる。
朝ご飯もちっともテンション上がらない。
でも食欲はあるみたい。

しばらくすると右前足はもっとひどい状態になっていた。
触るのも嫌がる。
何だか熱を持ってる感じがした。

慌てて病院に電話すると夕方なら診てくれるというので
それまではお出かけもせず大人しく様子をみていた。

もう病院に行くときにはかなり辛そうで
もう右前足を地面につけることは完全に出来なくなっていた。

歩くのが辛そうなので車にいるときから病院で待ってる間までも
ずっと抱いていたのだけど
抱かれるのを嫌がるふるむがずっとおとなしく抱かれたままになっている。

これはよっぽどだ。
何だか切なくなった。

どうか骨折などしていませんように。
腫瘍などありませんように。

そう願っていた。

つづく。。。





スポンサーサイト
[ 2015/11/24 01:54 ] 病気 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。