FC2ブログ

はんぶんのしっぽ

保護犬を迎えました。 想像以上に大変な毎日を過ごしています。 いつかこの日々が笑い話になる時のために そしてこの大事な日々を忘れないよう 書き留めていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

車中泊

Mさんに
今日はどこに泊まるの?
と聞かれた。

ふふ。今日は車中泊ですよ♪

そういうと心配してくれて、お友達が経営している八ヶ岳のキャンプ場に電話してくれて
空きがあるかすかさず聞いてくれた。

すると小さいコテージが一つだけ空いているよ。
ということでした。

実は朝まではいないつもりだったからしっかり泊まらなくてもいいかなと思ってたんですが
せっかく連絡してくれたし、よかったら泊まってもいいかぁ。とも思ったので
行ってみることにした。
Mさんもそれに気づいていたのか
今回は泊まらなくたって今度の為に見るだけ見てったら?
と言ってくれた。

というわけでキャンプ場へ。

コテージはホントに何も付いていない素朴なものだったので
寝袋もライトも持ってきてなかったからやはりお泊りはやめました。
が、ここでもいい出会いをもらいました。

オーナーご夫婦も独特な雰囲気を持ったとっても面白くていい方でした。

こちらのご夫婦も捨てられたワンコや行くあてのなくなったワンコを何度か受け入れていたみたいです。
行ったその日も、前日にワイヤーヘアーのダックスを受け入れたとこだったみたいで。

Mさんもよく言ってるんですが八ヶ岳や小淵沢とか清里とかってしょっちゅうワンコが捨てられているんだって。

だから仲間内で貰い手を探してなんとかはしているみたいだけど、やっぱりなくなることはないんだと。
胸が痛いですね。

でも、新しい飼い主さんに巡り合って
逆に前よりも幸せに生きているワンコだっているかもしれないって私は思ってしまうんです。
運命。そういうの、あるかなって思ってしまうんです。

でもこの問題は簡単に答えを出せないからこの話はここまで

という訳でここでMさんと、オーナーさんたちとお別れをして、
朝のうちにリサーチしておいた道の駅へ。

行先は
道の駅 韮崎。

そうです。今日の宿泊場所はこちらです。

朝、調べていたのは車中泊できる道の駅を探していたんです。
とはいっても、ただ泊まるだけではないですよ

温泉があって、プチバーベキューが出来てしまうような場所を探していたんですが
この道の駅 韮崎は
道路はさんで向かいに温泉施設があり、道の駅の駐車場の裏には川があって開けているし
それに何より他の道の駅より混みすぎていないというのが決めてでしたね。
公園も隣接してるし。
近くにコンビニもお弁当屋もレストランもあります。

さてさて。
今回実はこれが私のもう一つの目的だったのですよ

テーブル持って、椅子持って、カセットコンロ持って、簡単な調理器具持って、
ビール飲みながらのプチバーベキュー

それから温泉にも入って、眠くなったら車で就寝

ていうのをやろうと思ってたんですよ。

ところがですよ。

志半ばで終わってしまったんです~

Mさんと別れた後、どういう訳かどっと疲れが出てしまい、スーパーで買い出しするつもりが
寄らずにそのまま目的地まで行ってしまいまして。

仕方ないからコンビニで買える食材で何とかしようねと言って、
その前にお風呂行こうかと言って先に見に行ったら何故か急に面倒くさくなり、
温泉も入らなくってもいいかぁ~。
などと言い始め、結局コンビニに買い物に行けば、品ぞろえがしょぼくて何も買うものがなく、
かろうじてあったホットスナックと、焼きそばとなんか変なつまみと乾きものとビールを買って終了。

サンペイちゃんにいたっては更にテーブルとイスすら出すのが面倒くさくなっていた模様。。

いやいや!
せめてテーブルくらいはセッティングしましょうよと何とかサンペイちゃんを動かした。

という訳でかなり荒れた食卓
048 (640x360)

でもね。
それなりに楽しかったですよ。

今度は絶対温泉入って、プチバーベキューをしますよ!

サンペイちゃんもこれに火がついて寒くなる前にもう一回行くぞ!と息巻いているから。

あ!ふるむのこと書き忘れてましたが、彼女は疲れ切って表に出る気力もなく、
後部座席でひっくり返っておりました。

盛り沢山なお休みも、これにてようやく終了~



スポンサーサイト
[ 2013/10/03 00:14 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。