FC2ブログ

はんぶんのしっぽ

保護犬を迎えました。 想像以上に大変な毎日を過ごしています。 いつかこの日々が笑い話になる時のために そしてこの大事な日々を忘れないよう 書き留めていきたいと思います。
月別アーカイブ  [ 2013年07月 ] 

はんぶんのしっぽ

ふるむが初めて家に来た日、トライアルスタートの日に
ふるむと共にやってきたワイアーフォックステリアの置物。
031 (360x640)

ふるむに似てるでしょ。
と言ってボランティア代表Sさんから頂いた。

正直頂いた時はそれほど興味もなく、
ふるむにも似ているとは微塵にも思わなかった。(ホント失礼!ごめんなさい!)

そんな訳でしまう訳でもなく、部屋の片隅に無造作にぽいっと置いておいた。

ところが。
ある日を境にこいつがかわいく思えてきてしまったのよ。

半年くらい前だったかしら。
掃除をしていてハンディモップで棚をささっと拭いていたとき、
いつもは動かさないこの置物を何故だか持ってみた。
そしてモップでくまなく身体を拭いてあげた。

そしてまた置くときにホントになぜだかきちんと棚の上に置けず、
手前すぎたのか棚からゴトっと落ちてしまった。

とはいっても棚は床から30~40センチくらいの高さ。
大したダメージじゃないと思い
ありゃ。ごめんね。
と言って拾い上げた。

拾い上げてびっくり
なんと尻尾が!
032 (360x640)
折れました

え~?うそ~。
なんで?
折れるような作りじゃなくない?

尻尾の先端はちゃんと胴体にくっついている作りなのにどういう訳か
そこだけポキっと胴体から離れたみたいだった。
ふしぎだ。何度考えてもふしぎ。

でも尻尾がなくなったのは事実よね。
これでこのこもふるむと一緒になった。
045 (640x480)

はんぶんのしっぽ。

話が出来すぎていると思いません?

偶然とは思えなくてね~。
尻尾を修復する気にもならなかったわ。

しばらく折れたしっぽを近くに置いてはいたけど
いつのまにか無くなっていた。
無意識に捨てたのかな?

という訳でそれからこの置物のワイフォちゃんに愛着がわいてしまいました。

何となく来た時よりも顔が穏やかに見える気が・・・。
こんなかわいい顔してたっけ?

そう思えてしまうのは親ばかと同じ心理なのかしらね。

前は棚の後の方いたこの置物。
今はかなりの前方に陣取っています。

ずっとそこにいるといいよ。。


ほんもののふるむさんは。。。
020 (360x640)
今日も寝相が悪いわね・・





スポンサーサイト



[ 2013/07/20 12:17 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

走りました。

あらららら。
また一か月も更新してなかったわ~。

6月の最後の日曜日にまたサンペイちゃんの用事があり、山梨方面まで出かけた。
サンペイちゃんの用事は小一時間で終わるのでまたカフェでふるむとお留守番。

まったりとお茶していたらふるむが大人しいことに気付きふと見てみると
座りもせずにテラスの隙間から顔を出して
じーっと外を見ている。
DSC_0444 (640x360)
多分30分位このままだったんじゃないかな。
その後動いた気配があったので私の座っている足元の後の方にいるんだろうなと思っていた。
しばらくして見てみると
DSC_0449 (640x360)
こんなでした。。
私の後のテーブルの真後ろにある椅子の下でした。
なぜに?
つれないじゃないか。ふるむさん
ちぇー。

なんだか仲の悪いふたりみたいじゃないの。

サンペイちゃんと合流後、中央道の渋滞を予測して早めに帰路についた。
が。
やっぱり渋滞にはまったのでもうこれはもう焦らず諦めてゆっくり帰ろうと、
ふるむの為に談合坂SAに寄った。

今回もドッグランに寄っちゃおうかと。

すると渋滞のせいか、ドッグランには誰もいなくて貸切状態でした。
やっほー。ふるむ遊んじゃおー。

しばらく好きにうろうろさせてみた。
DSC_0465 (640x360)
とっても楽しそう。

しばらくしてサンペイちゃんが走り出してふるむを誘った。

ここからが驚くところ。
なんと上手に一緒に走って遊べたんです
DSC_0468 (640x360)

以前はこういうことすると、最初は一緒に走ってもサンペイちゃんが止まると
その勢いのままジャンプして飛びかかり、軽くだけど必ず噛みついていたの。

それがなんと!今回は止まっても上手に方向転換して
今度はふるむが走ってサンペイちゃんを誘っていたんです!

それに前は走るとそのままテンションが上がってしまうのか
そのままグルグルに発展し楽しく走れる何てことはなかった。

それなのに、それなのに。
たくさん走ってもぐるぐるもしなければ、むしろ楽しそうなの!

こんな姿が見られる日がくるなんて!
DSC_0461 (640x360)
DSC_0453 (640x360)

本当に信じられない。
こんなにのびのびと走るふるむを見られるなんて。
まるで普通のワンコみたいじゃないの。

その二人の姿を見ていて本気でうるうるしてしまった。
なんて進歩なんでしょうね!

あの絶望していた時期がウソのようです。
ごはんでぐるぐる。
散歩でぐるぐる。
おもちゃでぐるぐる。
ランでぐるぐる。
話しかけてもぐるぐる。
撫でればぐるぐる。
とにかく何一つぐるぐるなしではいられなかったあの頃。

ホントにこんな日がくるとは。

ふるむ、がんばったね。
ありがとう


と。
ここまではいい話で済んでいましたが。
ちゃあんと落とし穴がありましたよ

ドッグランの外側に5~6才くらいの男の子が通りかかり、
ふるむがロックしてしまったためにしばし金網越しにふるむと男の子を触れ合わさせていた。

緊張しながらそれを見守っていたけど、ひとまず男の子も気が済みやっと離れて行った。

するとやはり心配していた事に発展

グルグルが始まってしまいました。

リードを着けていなかったために止めるのが大変です。

私がリードを取りに行っている間に、がっかりの出来事が。
サンペイちゃんが噛まれてしまいました。

ああ~~。
やってしまった。

サンペイちゃんも普通なら力ずくでやめさせることも出来たんだけど、
おそらくその様子を見ていた男の子のためにあまり衝撃を与えないように
手加減してしまったんでしょう。
さっきまで触れ合っていたワンコが急変してしまっただけでも衝撃的なのに
それをとめるために力ずくで止めている大人を見たらトラウマになってしまうかもしれない。

そんな配慮が隙をつくってしまったのかもね。

久々にやられちゃいました。

さっきまで上手に遊べていたのにね。
やっぱり子供はまだだめかぁ。

でもさ、まだ全部は無理だよね。

子供の事はまたこれからだ。

自由に楽しそうに走るふるむを見れただけで今回は大収穫だよ。

サンペイちゃんの傷は深いけどねー





[ 2013/07/14 23:27 ] お出かけ | TB(0) | CM(4)