FC2ブログ

はんぶんのしっぽ

保護犬を迎えました。 想像以上に大変な毎日を過ごしています。 いつかこの日々が笑い話になる時のために そしてこの大事な日々を忘れないよう 書き留めていきたいと思います。

一年前

先日ふるむが誕生日を迎えたので、そうか。もう一年かと思い
ふと一年前の写真を見てみた。
110524_2022~01

110527_0758~01
やせっぽちだったのね。
確か来たときは6.6㎏で家に来てすぐ6.3㎏になってしまった。
今では7.2㎏。
だいぶ大きくなったね。

ああ。
それからこんな写真もあったわ。
110606_1205~010001

日付は6月6日だった。
初めて病院にかかるほどの大けが。
噛まれどこが悪かった!
ちょうど親指の水かきの部分だからきれーにはまったみたい。
きれいな三角の穴が開いたっけ。
最近では病院にかかるほどの怪我はしてないけど
まだまだ手の傷は増えてますねー。
ちょっとでも油断するとやられちゃう。
私の手、今や恥ずかしくて人に見せたくないくらいの傷跡だらけ。
若くないからもう消えないだろうな。
くすん

それにしても来た時の頃のふるむの目は何の感情もない目をしてたな。
トレーナーさんが言ってた言葉がぴったりだったので
拝借すると、
ビー玉を埋め込んだだけのような目。
ほんとにそんな感じ。

最近ではクリクリのお目目でこちらを見つめる。
この瞬間はたまりませんねー
少しずつだけど進歩してるよね

お互い安心して生活することができるまでまだまだ時間はかかりそうだけど
気長にがんばるわ。
一緒にがんばろね。

最近のかわいい写真も載せておこうっ
120522_1931~01





スポンサーサイト
[ 2012/05/30 00:34 ] ふるむとは | TB(0) | CM(0)

はっぴい ばーすでい❤

本日5月14日はふるむが私たちのところへ来た日。
この日をふるむの誕生日に決めました

ホントのところは分からないけど、今日で4才です

という訳で昨日は2人揃ってのお休みなので1日早い誕生日会をしました

田園調布にあるドッグカフェdeco's dog cafeでお祝いです
本当はデコレーションのケーキにしてあげたかったけど、
残念ながらふるむには一緒に食べてくれるお友達ワンコはいないので
仕方なく食べ切れるサイズのケーキに
メッセージを入れるクッキーをオーダーしておきました。
ほれっ
画像 001どーぞ。

めしあがれー。
画像 002
お行儀いいのね。
画像 003

かわいっ

来年はおっきいケーキたべようね
[ 2012/05/14 23:47 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

やってしまいました。

昨日は友人カップルとバーベキューに行きました。

京浜運河の方の公園の中の1区画でできるのですが
GWということもあってとっても混んでました。

特に子供連れが多くて。。。
案の定ふるむは大興奮

クレートに入れたまま広場に行き、そのままテントを組み立てていたら
あまりにも吠えまくり、クレートの扉をガリガリし、
挙句の果てにはクレートの中でグルグルし始めたものだから
慌てて外に出しました。
尻尾をやられたらかないません。

ところがいつも持っていたアウトドアには必需品の
リードをつなげる為の地面に埋め込む金具が
見当たりません

困っていたらサンペイちゃんが
とりあえずクーラーボックスにつなげとけ!
というので
なるほどクーラーなら重いもんね。
と思いクーラーの持ち手につなげて設営に参加しました。

しばらくするとどこからか

ワンちゃん逃げたわよ!

えっっ

ええぇぇぇぇー

私が気付いた時にはサンペイちゃんと
友人の彼が走って追いかけているとこでした。

ふるむが走って行った先は私たちの場所から
10M位先でバーベキューをしていた家族の
小さな女の子のところでした。

なぜそこに行ったかは分からないけど、
とにかく女の子は大泣きです

ご両親は笑いながら大丈夫大丈夫と言ってくれたのが救いでしたが
やってしまいました。。。

女の子に何かしたわけではなく、
ただきっと興味を持ってわさわさしただけなんだと思うけど、
その女の子のトラウマになっていないかとっても心配です。

しかしどうやって脱走したの?
・・とふるむを見ると
クーラーの取っ手がリードにくっついたままです。
つまり取っ手が外れるほどの力で引っ張ったんですね。

そこまで考えなかった

とにかく私たちの落ち度です。
ふるむが悪いんじゃない。
ふるむはこういう子です。
これからはホントに気を付けないと!

事故がなくてよかった


120505_2124~01←疲れ切って・・・

[ 2012/05/06 23:34 ] 問題行為 | TB(0) | CM(0)

もうすぐ一年

ふるむが家に来てもうすぐ丸一年になる。

私が何で保護犬を迎えたか。。
正直特に保護犬を!と思っていたわけではない。というのがホントのところ。
こんな事書いたらボランティアをやってる方に怒られそうだけど・・。

子供の時から犬のいる生活を送ってきた。
でも田舎だからか親は一度もお金を出して犬を買ったことがなかった。
そのせいか生き物をお金を出して買うという行為が考えられなかった。
だからもし自分が犬を飼うならお店で買うのは嫌だなぁと思っていた。
ただそれだけの理由。

結婚して、家も買って、ようやく生活も安定してきて、夫婦仲良く、
幸せな毎日だったけどやっぱり昔からかなえたかった夢、犬を飼う
ということを叶えたかった。

でもサンペイちゃんはあまり乗り気でもないし、
あまり本気でもなく里親サイトを覗いたりしていた。
お店で犬を買わないのなら保護犬を迎えればいいんだ。
と安易に思ってしまったからだ。
でもあくまでも覗くだけの気持ちで。

そしたら運命の出会いをしてしまったのね。

ふるむを見たらいてもたってもいられなくなり
サンペイちゃんへの説得もちゃんと終わってもいないのに
行動に出てしまった。

でも実はホントのところ、
初心者には難しそうな犬だったから
断られると思いながら応募したのだ。
が。
あれよあれよという間に話は進み
ついにはトライアルにまで事は進んだ。

ここから。
ここからが私たち夫婦の生活をガラッと変えさせることとなった。

それまでは、毎日楽しくて、いつも二人笑いながら過ごし
周りの人が呆れるほど仲良しで、
毎日のように幸せだね~などと言いながら過ごしていた。

ところがふるむが来て、少なくとも今年の年明け位までは
あまり笑いもない生活を送っていた。
本当に毎日辛かった。

私が思い描いていた犬との生活とはえらくかけ離れていたのだ。
犬との生活がこれほどまでに苦痛なのかと思った。
家に帰ることすら気が重かった。

何度ふるむを手放そうと思ったことか。

でも手放したらこの子の行く先は?
更におかしくなって壊れちゃうんじゃないの?
ああでも。
そうはいってもこのままでは
私自信が先におかしくなるかも。
もう無理かもしれない。

毎日毎日この葛藤と闘っていた。

私の人生でこんなに辛い苦しい思いをしたのはそうそうない。
たがが犬のせいで。

それでもようやく最近になって苦痛だった犬との生活は
何とか楽しいかな。と思えるくらいにまでになった。

でも。
もし今、
ふるむが生涯を終えた後また犬を飼いたいか
と聞かれたら、
いいえ。
と答えます。

まだふるむとの生活が楽しいと心から思えていないから。

そんな事を思う私は優しくないのかなぁ。

でも、そうはいってもまだ1年。
もうちょっとしたらまた気持ちも変わるわね。

その時にこの日のブログを見たら笑っちゃうかもね。
バカなこと言ってるな~って。

でもそれでいいんだよね。きっと。











[ 2012/05/05 01:45 ] ふるむとは | TB(0) | CM(0)

雨の日

最近気づいたのですが。
ふるむは多分雨の日の散歩が嫌いらしい。

なぜかっていうと、雨の日は何かとグルグルにスイッチが入ってしまうので
原因が雨だということにようやく最近気が付いた。

グルグルが頻繁だった頃は原因を特定することが難しかったけど
ここのところはきっかけが分かりやすくなった。

でもね。
それが分かっても雨の日の散歩を止めるわけにはいかないんだ。
だって大変なんだもん。

ふるむは食糞する。
ただ食べちゃうだけならまあ、いいや。
って諦めるけど。

家の場合、寝る時とお留守番時にはエリカラを着けている。

エリカラをしたまま食糞するとどうなるか。。。

簡単に言えばブルトーザーですわ。
口より前にカラーがあるのでカラーにうんちがささってる

で、どうしても食べなくてはいけないようなのでそのまま必死に
うんちを追いかけ部屋中を回る。
(ウンチだけはトイレでしないんです!)

すると部屋中に茶色の道が出来ている。
そしてカラーにそれがささったままリビングに移動する

これだけは
どーしても!避けたいのでどしゃ降り以外は絶対に散歩に行って
トイレを済ませなくてはならないんです。


先日、雨の日の朝散歩をしていた時、
曲がり角から二人組の男子中学生が同じ道に合流し、
私たちの後ろに着いたんです。

その子達、何だかとってもはしゃいでいて
大きな声でおしゃべりしてました。

おっと。これは嫌な感じ。
とっとと行こう。

と思い、私は少し急いで進もうとした。

が、やっぱり思った通り
ふるむがしきりにその子たちを気にしだした。

くるっと振り返りその子達を気にするので
ちょん とリードを引っ張り前へ進むように促す。
そうすると前を見るけど、やっぱり後ろを振り返る。
またも進んでは振り返る。の繰り返し。

当然後ろにいる男の子たちも
犬が自分たちを意識していることに気付いただろう。

すると案の定急にグルグルが始まった。
もちろん
がるぅぅぅ~。とすごい声を出しながら。

すかさずリードで首を持ち上げ足の間に首を挟んで動きを止めた。
で、そのまま男の子たちが行き過ぎるのを待つ。

男の子たちは。。
やっぱりドン引きです。
それまでものすごく楽しそうにはしゃいでいたのに
通りすぎる時には無言。。そして何度も振り返り私たちを見ている。

そりゃそうだ。
びっくりするだろうよ。
自分たちを見て犬がおかしくなって
飼い主が犬を羽交い絞めにしてるんだもん。
何が起こったのかと思うでしょうね

ごめんよ、中学生くん。

これって雨の日だからいつもより気が散ってなったんだと思ってる。
ほんとに雨の日はささいなことでグルグルしちゃうからけっこう周りに気を使う。


今回は中学生だからよかったものの、
これが幼い小学生くらいだったら怖がってしまう子なんかもいるだろう。
犬に対して恐怖心をもってしまうかもしれないし。

雨の日でなくてもふるむは子供に対して異常に反応する。
だから朝の散歩コースはなるべく子供に合わないようなコースを選んで回るようにしているけど。。。
この辺住宅街だから学校多くてなかなか難しい。

散歩すら気を使う。

困った子だねぇ



120424_2232~01




[ 2012/05/03 16:31 ] 問題行為 | TB(0) | CM(2)