FC2ブログ

はんぶんのしっぽ

保護犬を迎えました。 想像以上に大変な毎日を過ごしています。 いつかこの日々が笑い話になる時のために そしてこの大事な日々を忘れないよう 書き留めていきたいと思います。

吹っ切れちゃった。

またまた放置してしまいましたねぇ。
最後のブログから、ほんとーにたくさんの出来事がありパソコンを立ち上げる暇もなかった

あのあと、最後の手段と決めていた、アニマルコミュニケーションをお願いした。
ネットで探し、一番自分たちと合いそうなアニマルコミュニケーターさんに託しました。
アニマルコミュニケーターさんというのは動物の気持ちが分かる人のこと。
はっきり言ってこういうのは賛否両論だと思う。信じる、信じないがはっきりするよね。
私ももともとはそんなに信じる方ではないけど否定もしない。
でも今はやれることは何でもやろうという姿勢だから、その方を信じてお願いした。

結果はというと、納得できるような、できないような。
でも、今は信じよう
だって信じても信じなくても今の状況が変わらないのなら信じていた方が希望が持てるから。

ところがねぇ。。。  困ったことが
コミュニケーターさんに、毎日この言葉を伝えてあげてくださいねと言われていた言葉を伝えていたのですが、
それを言い聞かせているとそれがスイッチになりグルグルが始まってしまうことがあるんですね
それに出かける時に何時に帰るか教えてあげてくださいと言われていたのでちゃんと伝えてから出勤するようにしたら
出かけようとすると100%グルグルするようになってしまいました
もしかして前より状況悪くなっちゃった?

まぁ。とにかくもうちょっと続けてみよ。

で、前回のブログを書いた数日後も、それはそれは大変な日がありました。
尻尾の傷が痛いのかもう一日中、それも15分置き位に気が狂ったようにグルグルガウガウして目も充血して、
見ていられなかった。辛かった
ふるむも私も朝までほとんど寝ることができなくて。。

翌日に病院で鎮痛剤を出してもらいました。
それでも数日は落ち着かなかったけど。

そうそう。それでなにが吹っ切れたかというと。
前回噛まれてから、今ふるむはほとんどエリザベスカラーと口輪が手放せない生活をしていて、
すごくいたたまれなかった。
おもちゃで遊ぶことも出来ないし、かゆいとこもかけないし、見ていてちょっと辛くなる。
申し訳ない気持ちで装着していたの。

でも。
主治医やSさんと話をしていたら、ああそっか。と思えてきた。
ふるむもかわいそうだけど飼い主の私たちがそれをしていて安心感を得られるならそれでいいんじゃないのかと。
そう言われればそうだよね。
こちらが気持ちを強く持ってこちらのペースにすればいいんじゃない!
と思ったら気持ちがすーっと軽くなった。
簡単に言うと罪悪感があったんだよね。それらをつけることに。

でもいいんだと思ったら本当に強くなった

今では更に室内リードも駆使して何とかビビらずに対応できてる。

罪悪感もだいぶなくなったし。
あと、サンペイちゃんは私と違い何も怖がってないのでサンペイちゃんがいる間は
何も着けてないというのも安心できている理由かな。

いつかそれらを使わずとも安心して過ごせる日がくるといいな。。


120228_0832~01  ←犬なのに猫背




スポンサーサイト



[ 2012/02/28 00:37 ] 問題行為 | TB(0) | CM(0)

もりだくさん 2

その翌日は土曜日でワクチン接種の為病院へ。
ここの先生はふるむの精神的な部分まで診てくれる。今度詳しく書くけど一度やって、
しばらく止めていたバッチフラワーレメディを先生の勧めでもう一度始める事にした。
この先生はウソがないので信用できる。
この状況で何も試さないよりかは少しでもなにかした方がいいよね。
私たちの精神的にも。

この日の夜もグルグルは激しかった。

この状況、人間で例えるならば、
普段とっても大人しい、穏やかで、でも少々心に傷を持った娘が、
例えば大人しく本を読んでいたとする。
すると突然叫び声を上げながらナイフで自分を傷つけ始める。もう正気ではない。
慌てて夫婦が止めに入ると訳が分からなくなっている娘は振り回したナイフで親をも切りつける。
がんじがらめにしてようやく止めると今まで何が起こっていたかも分からないかのように
また急に大人しく本を読み始める。
そしてまたしばらくすると同じように急に叫びながら自分を切りつける。。。

そんな感じなんです。

ここ数日なかなかゆっくりさせてはくれない。
疲れちゃったな。。

翌日。日曜日なのでふるむのストレスを少しでも解消すべく、大きな公園へ。
10Mのロングリードを使って自由に走らせる。
楽しそうだね
来てよかった

そう思ったのもつかの間。
おもちゃを使って一緒に遊んでいたらまた回り始めた。
止めても離すとまた回る。

もう遊べないね。帰ろうか。。

早く楽しく遊べる日が来るといいね

翌日からもいつもの食後グルグルは続いていて。。
水曜に事故は起きました。

食後にグルグルが始まったので止めにかかったけどいつもより抵抗が激しくてなかなか止められない
ちょっとでも手を抜くと尻尾に届いてしまうので必死に止めた。
必死すぎて手を出す位置を誤ったのかふるむに右手を噛みつかれてしまった
離そうとして手を引いたものの、今日は離れない
どうしよう!
しばらく噛まれたまま、ふるむに引っ張られ、恐怖と闘いながらも何とか壁に押し付けて動きを止めた。
この時いつの間にか手は離れていたけど手がどうなっているのか見るのが怖かった。
とりあえずふるむに口輪をはめ、手を洗いにキッチンへ走る。
手を洗いながら、激しい痛みと怖さと悲しさで声をあげて泣いてしまった。
もうこうなるとどうにも止まらない。
嗚咽を上げながら崩れおちた。
その声でふるむが吠えている。
もうこの時は訳がわからなかった。

それでも仕事には行かなくてはならないので涙が止まるのを待って家を出た。
手を引かなかったから思いのほか外傷はひどくないけど間違いなく腫れると思い
病院に寄ってから出社した。

はっきりいって気まずい。
飼い犬に噛まれたので病院立ち寄りますなんて。。
ふるむが来てから3回もやっている。
たぶんしばらく手も使い物にならないから仕事にも支障がでるだろうな。
はぁぁぁ。。。
[ 2012/02/06 02:18 ] 問題行為 | TB(0) | CM(2)

もりだくさん。

2週間。。完全にブログ放棄しちゃった。
あまりにもたくさんの事がありすぎてへとへとな毎日でした

先々週の火曜日にまず、サンペイちゃん帰宅後、病院に行くため外出したらその隙に
またも激しく尻尾を傷だらけにしてしまい、おまけに食糞していたみたいで
それで翌日お休みのサンペイちゃんはふるむを乗せて車で私をお迎えに来てくれました。
傷だらけの尻尾を舐めるといけないので口輪をさせていたみたい。
車に乗るときはふるむはクレートで後部座席です。
私が車に乗り込むと、 「ん?なんか臭くない?」 
「そうなんだよ。こいつ食糞してたから口臭いんじゃない?」 とサンペイちゃん。
「ふーん。」

家に着き、ふるむを下ろそうとしたら
なんてこと

口輪をしたふるむが吐いてる
しかもその嘔吐物...ウンチ...だよね?

やだやだっ どうしたの
もう私はパニック!
すぐにふるむをふろに入れ、クレートも洗い、
そんなこんなでバタバタして、疲れているサンペイちゃんはイライラするしで散々な日になった。

ところがこれで終わらない。
翌日、サンペイちゃんと夕飯を食べていたら急にふるむが回りだした。
カラーはさせているけどワンワンとうるさいので止める。
落ち着かせてまたご飯を食べ始めると、またすぐに尻尾を追う。
止める。 10分くらいしてまた回る。
止める。また回る。
だいたい10分置き位に回るのだ。
吠えるは唸るはしながらなのであまりのうるささに放置はできない。
まともに食事も出来ず、その様子も見ているのもイヤでうんざりしてくる。
おそらく傷が痛いんでしょう。
でもこちらも頭がおかしくなりそうです。
ふるむは回っている時は正気ではないんです。止めると激しく抵抗して私たちを噛もうとしてきます。
こんな感じですね
120128_1458~01
この日はさすがに私も気が参ってしまって、これだけは最終手段だと思っていたあることをしようと決めた。

また更にその翌日。この日からまた始まった。
朝食後、食べ終わった直後に回るのだ。ご飯を食べさせるためにカラーをしていないので止めるのが厄介で困る。
噛まれないように止めるのに必死になるから。

この次の日、食べ終わるタイミングを誤って見ていなかった為、止めるのが遅くなってしまった。
案の定尻尾から血が噴き出している。

もうっ なんでよっ
なんでそうなのよ

どんどん傷が増えていく。。。
もう、いや。。
[ 2012/02/06 01:10 ] 問題行為 | TB(0) | CM(0)