FC2ブログ

はんぶんのしっぽ

保護犬を迎えました。 想像以上に大変な毎日を過ごしています。 いつかこの日々が笑い話になる時のために そしてこの大事な日々を忘れないよう 書き留めていきたいと思います。

ケガのその後

あらっ。
また記録が遅れてしまった~。

ふるむの足の具合、それからサンペイちゃんの靭帯は
どうなったかといいますと。

どっちも順調です

12月4日。
その日は盛りだくさんな日だったの。

午前中、私は面接へ。
午後、サンペイちゃんは病院へ。
夕方、ふるむも病院へ。

私の面接。驚いたことにその日のうちに内定をもらってしまった。
普通だったら一次面接のあとに二次面接があって
一般的に一次の後はだいたい内定まで早くても2週間はかかるだろう。
なのに。
驚いた。

サンペイちゃんはこの日は靭帯をつなぐ為に埋めてあった
針金を取り出す日だった。
いよいよ解禁日(笑)
抜いたら痛いかもと懸念していたけど
この日は痛みもなく順調。

そして夕方。
ふるむは病院に行くことになっていたのでバタバタと病院へ。
この日の朝はまだ足をひょこひょこやっていたのだけど
なぜか病院に行くときはお出かけに興奮したのか
玄関でぴょんぴょんジャンプしていた。
あれ?痛くないのか?
そう思いながら車に乗せ病院へ。
病院のエントランスに5~6段の下り階段があるのだけど
その階段もがつがつ自分で降りて行った。
あれ?急に調子が良くなってない?

先生に
もう大丈夫でしょう!もう来なくていいからね!
と言ってもらった。
よかった~。

結局、原因は不明だったけど炎症していたことは確か。
不思議ね~。
サンペイちゃんとふるむはよくリンクしていることがあるのよ。
今回のことは顕著に出たわね。

12月4日。
この日はつばき家にとって厄払いの日だったのかな。

ここから流れが変わっていくかもね!

ちなみにわたし。
内定はそのままで今だ就活中~。

DSC_2356.jpg
いいんですか? つばきさん。







スポンサーサイト



[ 2015/12/15 10:50 ] 病気 | TB(0) | CM(0)

前足の様子

金曜日にまた病院に行ってきました。

相変わらず右前足は触らしてくれなくて
まだ地面に足を着けることは出来ないでいる。

まだ状況は変わらないです。
と言ったら
どうなってるのかもっとちゃんと見たいんだけどなー。
と先生。

で、こんなことになりました(笑)
DSC_2315.jpg
ハゲ(笑)

先生にバリカンで剃られちゃったの。
ふふ。
トリマーさんに怒られちゃいそうね。

結局のところ原因は不明なんだけど
化膿はしてるみたい。

とはいえ早めに病院に来て早めに抗生物質を飲み始めたから
症状は抑えられてるらしく切開して膿を出すほど膿は溜まっていないとのこと。

先生と色々相談して
このままもう少し抗生物質の量を少しだけ増やして様子を見ることに決めた。

元気はだいぶ出てきたからね。
痛みは少しずつ治まってはきてると思うんだ。
3本足で歩くのも板についてきたし。
結構走れるのよね。

というわけでまた来週病院に。
がんばりましょ。 ふるむさん。

そうそう!
それからわたし。
とうとうふるむをお風呂に入れたのです!

サンペイちゃんが相変わらず手が使えないので私がやらねば!
と思っていたので先週入れてみようと思っていた矢先に
ふるむの足が化膿してしまったの。

昨日ふとケガしていない左前足をみたら皮膚の状態が悪くて
大きなかさぶたみたいのが出来ていた。

こりゃヤバい!
左まで化膿してはまずい。

と思い意を決してお風呂へ。

するとなんてことはない。
大人しいったらありゃしない。

なんだ。
拍子抜け。
ドライヤーも全然問題ないし。
むしろサンペイちゃんより仕上げ上手じゃない?
なんて思ったりして。

今回介護してあげたことでだいぶ色んなことに抵抗しなくなったし
身を任せることをふるむも覚えてくれたみたい。

ま。まだ痛いからかもしれないけどー。
でもこれからも大丈夫な気がするわ

また来週一緒にお風呂入りましょー

DSC_2326.jpg
んー。 かんがえとくー。






[ 2015/11/30 10:45 ] 病気 | TB(0) | CM(0)

介護 その2  続き

先生が右前足を診察したとき、
ふるむが初めて
キャン!
と声を上げた。

ふるむは我慢強いのか今までほとんど
キャン!
という声など出したことがない。

今回もこれが初めてだったので
相当痛いんだということが容易に分かった。

その後レントゲンを撮り結果を聞く。。

結果は
骨折ではない。
とのこと。
腫瘍が出来ているわけでもない。

よかった!

ただ、
ひどく炎症していることだけはわかる。

原因は不明だし、どの部分がどうなっているのかもまだわからない。
すこーし気になる白い影があったのが

もしかしたら剥離骨折かもしれないけど、
だとしたら何もしないで時間をかけるしかない。

とのこと。
ひとまず今回は炎症を抑えるため消炎剤と抗生物質をもらって
様子を見て
そしてまた金曜日に診察してもらうことになった。

帰宅後、ふるむの足の具合がますますひどくなっていた。

もう歩くこともできないし、
オシッコするのも前足で支えられないためお尻が地面についてしまう。
ウンチはできないのかする気配もない。

薬を飲ますためご飯を作ったが
全然反応しない。
目の前に持っていっても動かない。
というか動けない。
相当辛そう。

ご飯の器を口まで持っていってあげるとゆっくり食べ始めた。
でも、座るのも辛そうで立って食べてはいたのだけど
一人で立っていられないので私が身体を支えたまま
器を口元まで持っていき食べさせていた。
食欲はあるみたいだから一安心。

しかし。
またも介護か~。

サンペイちゃんに続き
ふるむまでもが介護がいる状態になってしまうなんて。
しかも突然。
ここ数日間はサンペイちゃんも負傷者だったから
なにも特別なこともしていないしお出かけもしていなかったのに。

なぜ急に炎症するのか全く意味がわからない。
これが靭帯断裂だったらかなり笑えるわね。

その日の夜は寝る姿勢をとるのも辛いのか
寝かしてあげるとそのままそこからは動かなかった。

翌朝、状況は変わらず。
相変わらずオシッコも手助け、
ご飯も支えながら食べさせた。

ウンチ、できるのかな?
と心配していたら食事後しばらくしてから
がんばって立ち上がり、その場で踏ん張りだしたので
慌ててその辺にあった紙を開いて
見事にキャッチ!

よかった。
便秘になっちゃうんじゃないかと思った。

相変わらずテンションは低いままだったけど
少しは良くなったのか
昨日の夜のご飯は高さを調整してあげたら
自分で立って食べられるようになった!

DSC_2294.jpg
右前足は上げたままだけど。
よかった~。
食べさせているときは切なくて切なくて泣きそうだったよ。

今朝もそんなに足の状況は良くなってはいなさそうだけど
少しだけ元気は戻ってきたみたい。

朝ご飯用意してたら少しテンション上がって
少しだけピョンピョンはねた

ちょっと安心だね。

さて。
今日はいよいよサンペイちゃんの靭帯を繋げるために
手に埋め込んだ針金をとる日です。

こちらもちゃんとつながって良くなっていますように!

意外とサンペイちゃんの手が治ったら
ふるむの手も知らないうちに治っていたりして。。。

なんて思ったりして。

だって、今までそんな不思議な事、
ちょいちょいあったじゃない?

今回もそうであることを切に願うよ。
ね。ふるむさん。

DSC_2297.jpg
うん。 
いたいよー。






[ 2015/11/24 12:52 ] 病気 | TB(0) | CM(0)

介護 その2

それは突然でした。

3連休初日の土曜日。
いつも通りふるむと朝の散歩に行きいつも通り朝ご飯を食べさせた。

土曜日の昼は私はダンスに通っているためふるむを残し3時間ほど外出。
ダンスから帰宅するとちょうど仕事終わりのサンペイちゃんと一緒になった。

2人そろって、ふるむー、ただいまー。
と呼ぶとふるむがのそっと現れたのだけど、何だか歩き方がおかしい。

あ。
足、引きずってない?

こういうことってたまーにあったけど、
大体が足がしびれたのか寝起きによくなることがあって、
しばらくするとたいがい治っていることがほとんど。

この時もそうだと思ってそう気にも留めていなかった。

でも、夕方までなんとなく違和感のある歩き方をしていたので
サンペイちゃんが夕方の散歩に行くときに
様子見てね。
とお願いして散歩に行ってもらった。

帰宅すると
なんかたまにビッコ引くけど走ったらちゃんと走れたよー。
と言っていた。

夕飯の時もいつも通りぴょんぴょん跳ねながらおねだりしてくるから
大丈夫かなーと思ってその時は安心していた。

ところがその後。
食後しばらく寝ていたふるむが起きて動いたとき
さっきよりひどくビッコを引いていた。

えー?
やっぱり痛いのかな?

明日の朝まだひどかったら病院いってみよう。
そうサンペイちゃんと言っていた。

そして翌日。日曜の朝。

ふるむの右前足は完全にぷらーんとなっていた。
もう地面にも付けられない位に痛いみたいだった。

一応散歩も行ってみたけどちょっと歩いたところでもう帰りたがる。
朝ご飯もちっともテンション上がらない。
でも食欲はあるみたい。

しばらくすると右前足はもっとひどい状態になっていた。
触るのも嫌がる。
何だか熱を持ってる感じがした。

慌てて病院に電話すると夕方なら診てくれるというので
それまではお出かけもせず大人しく様子をみていた。

もう病院に行くときにはかなり辛そうで
もう右前足を地面につけることは完全に出来なくなっていた。

歩くのが辛そうなので車にいるときから病院で待ってる間までも
ずっと抱いていたのだけど
抱かれるのを嫌がるふるむがずっとおとなしく抱かれたままになっている。

これはよっぽどだ。
何だか切なくなった。

どうか骨折などしていませんように。
腫瘍などありませんように。

そう願っていた。

つづく。。。





[ 2015/11/24 01:54 ] 病気 | TB(0) | CM(0)

皮膚のじょうたい。

ここんとこずっとふるむの皮膚の状態がよくない。
たいがい季節の変わり目にはなりやすいかな。

体液でカピカピに固まっている箇所がいくつかあって
一番ひどかったのが右側のお尻のあたり。
あと、お顔の眉間の間のあたり。

お尻のあたりは痒いのか
届いてしまうから
舐め壊してしまってやっぱりまたハゲちゃってる。

でも、サンペイちゃんの頻繁なマラセブでのシャンプーにより
だいぶ状態が良くなってきた。
それにハゲからうっすら毛が生えてきている。

DSC_2139.jpg
↑この2か所。

でもまだカピカピは少しあるわねー。

そんな時、ふとサンペイちゃんが

また温泉入れてやりたいなぁ。

と、つぶやいた。


温泉ですって!?

行きたい、行きたい~。

以前、一度だけふるむを温泉に入れてあげたことがある。
そのとき泊まった旅館の温泉に
犬用のバスタブが置いてあったから入れてあげたの。

そしたら毛は柔らかくなるし、皮膚の状態は良いし
で、やっぱり温泉は犬にもいいんだなーとつくづく思ったのです。

サンペイちゃん!
聞き逃しませんでしたよ!

せっかくだから私たちも温泉入りたいじゃなーい?
今度の水曜休みで行っちゃおうよー。

昨日せっせと人間も犬も入れる温泉施設を探しましたよ。
いいとこ見つけちゃったんだ~。
あとはサンペイちゃんを説得するばかり!

ふるむも行きたいよね?
よね?
ね?

DSC_2104.jpg
ふろきらいだし~。





[ 2015/10/21 10:02 ] 病気 | TB(0) | CM(0)